マインド・考え方

職場にいる嫌な人への対処法3選!これでもうすっきり!

嫌な人 対処法

あなたの職場にも嫌味を言うような嫌な人はいませんか?

今回はそんな職場にいる嫌な人への対処法をご紹介。

是非試してみましょう!

嫌な人の特徴・心理とは?!

嫌な人

こんにちは、ななみです。

私は数年前に会社を辞めて独立したのですが、会社にいた頃は毎日「嫌な上司」に悩まされていました…泣

 

社会に属していれば、相手を不愉快な気分にさせるためにわざと嫌なことを言う人がいます。

そんな嫌な人が職場にいたら、嫌でもかかわらなければいけませんね。

嫌な人は、意地の悪い皮肉等であなたを嫌な気分にさせます。

 

しかしそんな人は本来であれば、非難すべき人ではなく、同情をしてあげるべき人なのかもしれません。

何故なら、人を嫌な気分にさせる人の特徴として、彼らは自分の攻撃しやすい人を見つけると、その人をけなして気分を悪くさせてやろうと考える、何とも不幸な習性があるのです。

これは無意識であり、悲しい習性。

 

彼らは基本的に自尊心が低いです。
相手を出しにして優越感を感じることで自分の自尊心の不足を補っているのです。

そんな人の言うことに、あなたはいちいち腹を立てたり、気分を悪くすると相手の思うツボなんです。

だって、あなたが落ち込むと相手はいい気分になるんでから。

では嫌な人に対してはどう対処したらいいのでしょうか?!

 

嫌な人への対処法3選

嫌な人

そんな嫌な人ですが、基本的にはあなたが余裕を持てるまで出来る限り『避ける』のが正解です。

上手く言い返したい!ぎゃふんと言わせたい!そんな気持ちはわかりますが、
それは実は逆効果なんです。

では具体的に嫌な人への対処法を3つご紹介いたします。

①接する時間を短くする

避けると言っても、仕事中は接しなければいけないことが多いと思います。

なので、出来るだけ接する時間を短くするよう心がけましょう。

短時間であれば、『この時間を乗り越えれば楽になる』とやり過ごすことができ、
ビクビクしなくて済みます。

 

②相づちを打って受け流す

彼らは攻撃的に嫌なことを言ってくるかもしれませんが、その場合は相づちをうって軽く受け流しましょう。

優しくにっこり微笑んでみるのも効果的です。

「あれ?嫌味を言ったのになんでこの人ひるまないんだろう」と、手ごたえを感じず、
嫌味を言わなくなる可能性があります。

要は相手にしないことです。

 

③感情的になりそうな話はしない

嫌いな人の前では、なるべく冗談や軽口を言わないようにしましょう。
冗談を言う時、人は自分の感情が口をついて出てしまいがちです。

仲のいい人とならいいのですが、嫌いな人に冗談を交えて話そうとすると、
嫌味な言い方をしてしまったり感情が抑えられなかったりしてしまいます。

他にも相手との距離を保つために、プライベートな込み入った話なども避けるようにしましょう。

 

 

嫌な人と一緒にいるのは嫌な気分になるし、良いことがありません。

前述した通り、彼らは自尊心を高めるために人を傷つけます。

そんな人の自尊心を高めるために、自分の自尊心を犠牲にしないでください。

もし、嫌な人がいる場合はこの3つの方法を実践してみて下さいね。