ビジネス

成功している人は友達が少ない3つの理由

成功者 友達少ない

あなたは友達が多いほうですか?それとも少ないほう?

実は成功者ほど友達が少ないことが判明しています。

その驚きの理由がこちら。

成功者は友達が少ない

成功者 友達少ない

あなたには友達と呼べる人は何人いるでしょうか。

100人いるよと言う人から、全くいないと言う人まで様々だと思います。

しかし、実は成功者ほど友達が少ないと言うことが実験で明らかになっているんです。

ロンドンの進化心理学者、サトシ・カナザワ氏は、
1万5,000人の様々なIQレベルを持つ人たちを対象に、幸福度と孤独の関係を実験しました。

その結果は驚くことに、
IQ低い人たちはたくさんの人と過ごす時に高い幸福感を得ていることがわかり、

逆に、IQが高い人たちは、友人との交流が頻繁になるほど生活満足度が低くなり、
1人の時により高い幸福感を得ていたと言いいます。

偉人で言うと、重力を見つけたブライアン・メイ、
飛行機を作ったライト兄弟、微分積分を発見したアイザック・ニュートンなど。

これら天才達はみなコミュ障で友達が少なかったと言われています。

しかし、なぜ成功者は友達が少ないのでしょうか。

その理由を3つにまとめてみました。

他人に依存しない

成功者は他人に期待をしませんし、依存したりしません。

成功者は自分の中にブレることのない理念をいつも持っているんです。

なので、頼れるのは自分だけだと理解していますし、他人に依存せずに目標へ向かうことが出来ます。

時間を有効に使うことだけを考えている

成功している人ほど、無駄な時間をいっさいません。

友達と遊んだり、飲みに言っている時間があれば

彼らはその時間を自分の目標を達成する時間として有効活用しています。
ここが成功者と凡人の違いなのではないでしょうか。

孤独を好む

結果を出すには人と同じことをしていてはいけません。

大衆とは逆の行動を取ったり、みんながやっていない事にあえてチャレンジする思考が必要なのです。

そうなると周りと話や発想が合わなくなり、孤独になりますが、
彼らはそれを理解しているのであえて孤独を選んでいるのです。

友達が多ければ多いほど、寂しさは減ると思いますが、
余計な揉め事に巻き込まれたり、人間関係で悩んだりする機会も多くなります。

成功者はそんな時間を自分の目標を達成するためだけに使っているので、
成功していると言われています。

「何が何でも成功したい!」そう思う人は、
友達といつもすごしている時間を少しずつ、自分のために使ってみてはいかがでしょうか。